貸し別荘ライフ

貸し別荘下見

貸し別荘の下見

貸別荘の下見は不可欠です!下見もせずにいきなり本番なんて大変な事になりますよ、と漫画の台詞を言ってみたりですが、本当に下見は必要ですって。

借りた後から狭い臭い壊れてる、なんて事もありますから。
ココでは下見について紹介していきます。

貸し別荘決める前に下見チェック!

 

貸し別荘決める前に下見チェック!いざ現地へ!と言う現地調査に勝るチェック方法はありませんよね。

インターネットや広告などで貸し別荘のことを調べる前に、距離的に可能であればやはり現地へ下見に行きましょう。

特に無理して下見に行く必要はありませんが、何らかの都合で近くを通るなら少し立ち寄ってみるのがベストです。

別に今すぐに利用する〜と言う予定がなくても、これはパーティーに最適と思う貸し別荘があったら普段から記憶の片隅でも置いておき、近くを通りかかったら実際に立ち寄って見ることをオススメしますよ。

いざ貸し別荘を利用するという時に役に立つことは間違いないでしょう。

下見チェックの重要性は身内だけなら失敗してもまだ謝れば大丈夫ですが、会社の慰安旅行などでグループ旅行の幹事を引き受けたといった場合は「失敗して幹事の面目丸つぶれ、皆も険悪に・・・」といった事態にならないように下見しておいたほうが良いでしょう。不動産仲介会社を利用することでそういった事態を避けることもできます。

旅行代金を失っただけでなく、楽しい旅の思い出や信頼も失われてしまうようなことは避けたい物です。

同行するグループの中に、そのような貸し別荘に詳しい知識を持っている人はいないかどうか確認してみましょう。

いるようなら建物の外観だけでも見に行ってもらえる同行願いをお願いしてみましょう。
下見に行けないのなら、友人知人から借りてみて「良かった」という貸し別荘を利用するいう方法もあります。

いわゆる「口コミ」を利用するのです、口コミなら、インターネットや掲示板を使うよりも生の感想が聞けるので使わない手はありません。

貸し別荘管理チェック

貸し別荘管理チェックについて、貸し別荘の利用で最も多い苦情が、「別荘の管理・清掃」に関するものが大半。

その原因については、業者の手抜きが主なものですね、前の宿泊者の清掃だけで放置し、次の宿泊者へそのまま貸し出すと言うのは明らかに手抜き。

施設利用者の苦情やよかった点などのフィードバックを受けて反映するのは、予約等の業務を扱う「運営者」の側の責務なので、それらを「運営者」は「管理者」正確に伝えなければなりません。

そのためには管理する人間が運営者側の方との連携と管理者が近くに居住することでどうにかなるものなんですが難しいと言う現状があります。


しかし、貸し別荘ということでやむをえない場合などもあります。
例えば「虫が多い」といった苦情は、安らぎの緑豊かな自然環境の中にあれば仕方がないことです、パン屋で米食いたいと言う様なものですよ。

また、「電球の球切れ」や、「リモコンの電池切れ」などは、簡単に直せますので必ず施設業者に連絡をすればすぐに直してくれます。

我慢をして後から苦情をいうよりは、リアルタイムに直してもらって別荘を楽しむというほうが気持ちが良いのですよね。